2013年 登別温泉で天然の足湯を堪能する!

2013年8月6日(火)天気は曇り。気温27度くらい。今日は家族で登別温泉にドライブです。
娘が帰省しており、東室蘭の家まで送るついでのドライブです。

途中、登別駅でトイレタイムです。
駅の構内にある熊の剥製の前でカミさんと娘の記念撮影です。

image-noboribetsu-2013080601.jpg

この後、倶多楽湖に足を伸ばしました。
周囲10キロ程の円形の湖で、透明度は19メートル。国内では摩周湖に次いで第2位の透明度を誇ります。
生憎、霧が立ち込め、湖の全景を見ることはできません。
湖岸に佇むレストハウスの駐車場に車を止め、湖岸の散策です。
確かに湖水は澄んでいます。天気が良ければ素晴らしい風景が広がっている筈です。

image-kutarro-2013080601.jpg

まずは、息子の記念撮影です。背景にあるのはレストハウスです。

image-kutarro-2013080602.jpg

次にカミさん、娘、息子の3人で記念撮影です。

image-kutarro-2013080603.jpg

倶多楽湖を後にして、大湯沼に向かいます。周囲1キロほどで、表面温度は40度から50度ということで、辺り一面湯煙が立ち込めています。硫黄の刺激臭がします。
駐車場に車を止めて、目的地である大湯沼天然足湯を目指します。

image-ooyunuma-2013080601.jpg


image-ooyunuma-2013080602.jpg

大湯沼から流れ出した川は、天然の足湯になっています。温度は40度以上あり、結構熱かったです。
深さは20センチくらいでしょうか。
数人の外国人が足湯を楽しんでいました。

image-ashiyu-2013080602.jpg

息子も天然の足湯を楽しんでいました。後で聞いたのですが、今回の帰省で訪れた場所では、一番楽しい場所だということでした。連れてきた甲斐があるというものです。
今度訪れて、ひとがいなければ、腰まで浸かってみたいと思いました。


image-ashiyu-2013080604.jpg

足湯の帰り道、カミさんの記念撮影です。
カミさんは周囲の暑さと、道の険しさに少し疲れ気味でした。
晩秋であれば、涼しくなり丁度いいのかも知れません。

image-ashiyu-2013080603.jpg



スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
プロフィール

kaz-hokkaidou

Author:kaz-hokkaidou
私のブログへようこそ!
管理人のKazと申します。

サラリーマン生活を送りながら、北海道の自然や食を満喫しています。春は山菜、夏は潮干狩りそして秋にはヤマブドウ狩りに出かけます。暑さ対策や果樹・野菜作りも紹介しますね。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR