SM3ブロック2B

2017年から2018年には開発が完了し、実戦配備が予定されている弾道ミサイル迎撃ミサイルであるSM3ブロック2Aは、現在配備中のブロック1Aより、迎撃高度が高くさらにデコイ識別能力の向上が図られた迎撃ミサイルです。

こちらが迎撃システムを進化させれば、中国もデコイ等の欺瞞で対応してくると思われます。

一見、いつまでたっても能力向上の競争は終わらないように思えますが、実は迎撃側が有利と思われます。

現在は米国政府の予算の関係で開発が凍結されていますが、SM3ブロック2Bが開発を再開すれば、弾道ミサイルは完全に無力化されると考えます。

SM3ブロック2Bは多弾頭型の迎撃ミサイルです。すなわち、弾道ミサイルをデコイもろとも複数の迎撃弾で破壊してしまうというシステムです。

核ミサイルのデコイで、バルーン表面に金属蒸着を行ったものは、赤外線センサー等で比較的識別が可能ですが、核弾頭部分とまったく同じ形状で同じ質量のデコイは識別は不可能です。ただし、核弾頭は重量は200kg程度と言われているので、精々数発を搭載するのが限度です。
一方現在配備中のSM3ブロック1Aのキネティック弾頭は23kgというわけで核弾道の1/10の質量であり、核ミサイルと同程度のペイロードを持つ迎撃ミサイルを開発すれば、弾道ミサイルの核弾頭、デコイ数を超えることが可能であり、迎撃率は劇的に向上するということです。

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

kaz-hokkaidou

Author:kaz-hokkaidou
私のブログへようこそ!
管理人のKazと申します。

サラリーマン生活を送りながら、北海道の自然や食を満喫しています。春は山菜、夏は潮干狩りそして秋にはヤマブドウ狩りに出かけます。暑さ対策や果樹・野菜作りも紹介しますね。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR