今年何度目かの潮干狩り

image20120803.jpg

2012年8月3日(金)、天気は曇り、気温20度くらい。今日は休暇をとって今年何回ぶりかの潮干狩りにでかけました。
波はまったくありません。

image2012080301.jpg

まず、磯場でウニ採りを始めます。ここは漁業権がない場所なので猟期とサイズさえ守れば自由に採ることができる場所なのです。
1時間くらいウニを採ってから、今度はホッキ貝採りです。
すぐに特大サイズを見つけました。水深50センチくらいのところです。
足で砂をかき回し、貝の感触を探ります。
大石のように動かない感触が、ホッキ貝か石です。確率は50%くらいでしょうか。
ホッキ貝を求め1時間くらい腰振りダンスを続けます。
ここではホッキ貝の他に白貝やバカ貝が採れます。
パスタに最高に合うんですよ。

image2012080302.jpg

家に帰ってから、獲物の解体作業に取り掛かります。
本日採れたウニの中で最大サイズです。
身がぎっしりと詰まっていました。

image2012080303.jpg

ホッキ貝も大きなサイズが採れました。スーパーで数百円で売られています。
ホッキ貝の解体にはナイフを使います。
貝の隙間にナイフを入れ、グリグリと中の身を切断します。
案外簡単ですよ。
このとき潮を吹くので気をつけてください。


image2012080304.jpg

image2012080306.jpg


さあ、採れた食材を使っての夕食の時間が来ました。
ミョウバン等の保存料が入っていない新鮮なウニは、最高に美味です。
大量に採れたので、一部を塩ウニにしました。
筑波で大学に通っているドラマーの息子に送るためです。

image2012080305.jpg


ホッキ貝は刺身が最高です。寄生虫の心配が無いので、まったくの生でいただきます。
カミさんは、以前は売っているホッキ貝の刺身をあまり食べませんでした。
売っているホッキ貝はすべてではありませんが、煮ているものが多いので本来の
味を楽しめないのです。
生のホッキ貝はカミさんも好きなようです。
これも大量に採れたので娘夫婦に送ります。娘はウニが嫌いですが、ホッキ貝は大好物です。
この辺はうまくできていますね。
ほとんどを娘に送ります。

最高に新鮮なウニ丼を掻き込み、ホッキ貝の刺身に舌鼓をうち、冷たいビールを飲み干します。
最高の気分です。

北海道最高!
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

kaz-hokkaidou

Author:kaz-hokkaidou
私のブログへようこそ!
管理人のKazと申します。

サラリーマン生活を送りながら、北海道の自然や食を満喫しています。春は山菜、夏は潮干狩りそして秋にはヤマブドウ狩りに出かけます。暑さ対策や果樹・野菜作りも紹介しますね。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR