日中もし戦えば その3

中国軍に対し、空自、海自が優位だというのは、ご理解していただけたと考えます。

不安要素は、中国が我が国の主要都市に標準を定めている核ミサイルです。

一説には核融合弾を搭載した東風21号等のミサイルを200発日本に向けていると言われています。
非核武装国の我が国に、そんな必要があるのでしょうか。
日中友好等、真っ赤なウソということです。

ただし、核兵器等やたらと使用できるわけがありません。

ましてや、我が国が中国に攻め込む可能性は、限りなく0であり、中国が核兵器を我が国に対し使用する正当な理由等ないのです。

尖閣諸島で軍事衝突が発生したからといって、即核攻撃とは考え難いです。

日米同盟があるので、米国が核にによる反撃を加える可能性もあります。その場合中国は滅亡ということになります。

また、スタンダードミサイルブロックⅠBやパトリオットがあるので、核攻撃を受けたからと言って100%被害を受けるかどうかも、曖昧な状況です。
ミサイル迎撃システムは、デコイも認識可能なスタンダードミサイルブロックⅡAを導入も予定しており、
さらなる進化の可能性があります。
THAADを追加導入すれば迎撃率は大きく向上するでしょう。

日米同盟+ミサイル迎撃システムがあり、我が国が中国に攻め込むような愚かな行為をしない限り、核攻撃を受ける可能性は低いでしょう。
スポンサーサイト

trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

まとめtyaiました【日中もし戦えば その3】

中国軍に対し、空自、海自が優位だというのは、ご理解していただけたと考えます。不安要素は、中国が我が国の主要都市に標準を定めている核ミサイルです。一説には核融合弾を搭載した東風21号等のミサイルを200発日本に向けていると言われています。非核武装国の我が国?...

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

kaz-hokkaidou

Author:kaz-hokkaidou
私のブログへようこそ!
管理人のKazと申します。

サラリーマン生活を送りながら、北海道の自然や食を満喫しています。春は山菜、夏は潮干狩りそして秋にはヤマブドウ狩りに出かけます。暑さ対策や果樹・野菜作りも紹介しますね。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR