ああ、相棒が。楽しい山ぶどう狩りが悲惨な結果に

10月23日(土)、快晴。気温は15度。今日は今シーズン最後のつもりで、山ぶどう狩りに出かけました。
林道を、相棒の高枝切バサミを持ち、闊歩していきます。
しかし、山ぶどうの木はあるのですが、まったく実が付いていません。昨年、たわわに実っていた木も丸坊主です。

何と、半日間も山道を歩き続けましたが、成果無しでした。

仕方が無いので、市内某所に出かけました。

ありました。狭い範囲に実が成っている山ぶどうの木が3本も生えているのです。

しかし、高さは5メートルくらいです。下の実は既に採られています。

脚立と相棒を使って、採取にかかります。高さがありすぎて、あまり採ることができません。

5メートル以上の高さに山ぶどうがたくさんの実をつけています。


相棒で取れる範囲の山ぶどうを取り終え、次の場所に向かいます。

そこには大量の山ぶどうが成っていたのですが、いざ、相棒を伸ばし、採ろうとしたとき、何と相棒が壊れてしまったのです。焦りすぎて、強くひっぱたので、ハサミの部分が抜けてしまったのです。

目の前には、山ぶどうがたわわに実っています。

私は意気消沈し、家路につきました。

帰ってから、山ぶどうの実を外す作業です。時季が遅いせいか、結構干しぶどうになっていました。
きれいな実だけを選別していきます。

結局、300グラムの成果でした。市内に住む会社の同僚にすべてあげました。以前から約束していたのです。


本日の山ぶどう狩りの成果です。





スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

kaz-hokkaidou

Author:kaz-hokkaidou
私のブログへようこそ!
管理人のKazと申します。

サラリーマン生活を送りながら、北海道の自然や食を満喫しています。春は山菜、夏は潮干狩りそして秋にはヤマブドウ狩りに出かけます。暑さ対策や果樹・野菜作りも紹介しますね。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR