厚田川上流域は残念。浜益村、道民の森でタケノコ、ウドをゲット

6月5日(土)午前6時起床。傍らで寝ているカミさんを起こさないように一階に移動。愛犬を裏庭に出し、オシッコさせてから餌を与えました。
天気は曇りです。簡単な朝食を済ませ、山菜採りの準備を始めます。
7時。近所にある相棒のサトちゃんの家に向かいます。
サトちゃんは高校時代の同期で、大学時代にはレスリングをやっており、山菜採りの相棒としては、頼りになります。サトちゃんと二人ならヒグマと戦えるかも知れません。

ガーン!
午前8時。目的地の厚田川上流域に到着したのですが、な、何と。ゲートが閉まっているではないですか。しかもゲートの上には、ヒグマ出没により立ち入り禁止の張り紙がありました。
残念ですが、諦めるしかありません。
少し気落ちしながら、今度は浜益方面に向かいます。そこは2週間ほど前に単独で行き、良質なタケノコを大量にゲットした場所です。


厚田川上流域は閉鎖されたままです



国道を快適に飛ばしていきます。車窓から見える日本海の水面は、波が無く非常に穏やかです。車中では高校時代の話で盛り上がります。
タケノコ採りの場所に行くには、いくつものトンネルを抜けます。


浜益方面に向かう途中。厚田方向の写真を撮る


ほうら、到着です。時計の針は午前9時少し前を示しています。路肩に車を止め、ナイフ、ラジオ、鈴、麦茶を持っていざ出陣です。


目的地です


そうそう、その前に相棒のサトちゃんを紹介しておきましょう。
身長は私より低いですが、大学時代レスリングで鍛えており頼もしい相棒です。


相棒のサトちゃんです。


根曲がり竹が密生する場所に突入です。
2週間前に入ったばかりですが、結構生えているではありませんか。
ただし、長さが50センチ以上と伸び過ぎですね。この場所は日当たりが良く、海沿いで結構暖かいので、タケノコの生育が早いのでしょう。この場所は、今年最後と思われます。


タケノコ狩の現場です。


その後、地面に目を凝らして見ると、丁度良いサイズのタケノコを発見しました。
それから先は、あるはあるはで、楽しく辛いひと時を過ごしました。
タケノコを見つけるのは楽しいですが、竹藪を移動するのは、なまらシンドイです。
サトちゃんはタケノコで、右目を強打してしまいました。少し痛そうです。
来年は防塵マスクとヘルメットを着用するそうです。


良質なタケノコを見つけました


午前10時。開始から一時間くらいでタケノコ狩り終了。収穫は買い物袋二つぐらいです。十分な成果です。サトちゃんも同じくらい採っていました。


大量のタケノコをゲット


その場を離れ、今度は道民の森にウド採りに向かいます。
途中、厚田漁港にある朝市に寄りました。
若くてきれいなおねえさんがいる店で新鮮なタコの足を2本1,400円で買いました。サトちゃんと分けます。
タコの他には、新鮮なカワガレイやマガレイ等魚介類が並べられています。
カワガレイの唐揚げは絶品ですよ。肉質はプリプリで酒のつまみに最高です。
でも買いませんでした。
一箱三百円と格安なのですが、持って帰るとカミさんに、処置が大変と怒られるので断念しました。


厚田港の風景です


朝市の風景です


11時過ぎに道民の森キャンプ場に到着しました。
サトちゃんがトイレで負傷した目を洗っています。
道民の森キャンプ場は素晴らしいところですね。各テントサイトには水場が作られています。芝生が寝転ぶのに心地が良さそうです。


道民の森キャンプ場です



さて、林道に突入です。2週間前には残雪だらけで断念したのですが、すべて融けていました。すぐに土手の上に細いウドを発見し、大漁を予感しました。


いざ、林道に突入です


途中、食べごろのタランボを見つけました。道民の森は標高が高く、気温が低いのでしょう。私が住んでいるところでは、タランボは終了です。
タランボは先日たらふく食べたので、サトちゃんに高枝切りハサミで採ってあげました。


森は清清しい空気で満ちています


ありました。極上のウドが見つかりました。林道から10メートルほど、薮を漕いだ場所です。大き過ぎず、葉っぱは天婦羅に、茎や根は酢味噌和えに最適なサイズです。すぐに買い物袋が一杯になりました。


林道奥で良質なウドの群生を発見


極上のフキもゲットし、帰路につきました。
サトちゃんが左手に下げている黄色いビニール袋には、極上のウドやフキが一杯になっています。
サトちゃんの後ろ姿に、何となく中年男の悲哀を感じてしまいました。


大量のウドとフキをゲットして帰還の途につきました


ウドとフキも十分以上採りました。愛用のバック社製ナイフに大型の鉈です。
山菜採りのときには、ヒグマ対策用に常に携帯しています。


大量のウドとフキです


家に着いたのは、午後2時でした。午後6時から札幌大通近くの店で会社の歓迎会に出なくては行けないので、あまり時間がありません。
シャワーを浴びてから、後処理開始です。

ウドは5、6本を残し、すべてご近所にお裾分けです。


これから山菜の後処理です。ウドの大半は近所にお裾分けです


まず最初に採ってきたフキを大鍋に入れ、一煮立ちさせます。

その間、皮を剥きやすいように、タケノコの先端部分を切り落とします。
写っているのはカミさんの手です。カミさんは作業しながら、お湯を沸かせとか、色々指示してきます。


カミさんがタケノコ処理を始めています。


先端部分を切ったタケノコを大鍋に入れ、一煮立ちさせます。大鍋ふたつになりました。結構な量です。


タケノコをふたつの大鍋で茹でています


フキが茹であがりました。後は皮を剥き、水に浸します。


フキが茹であがりました


その後はタケノコの皮むきです。時期が少し遅かったせいか、前回には無かった虫食いが少しありました。
それでも大鍋一杯にはなりました。
タケノコとフキを一晩水に浸しておきます。


本日の最終成果です。大量のフキとタケノコです

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

こんにちは
厚田のタケノコ採りは残念でしたね。
ヒグマ出没中なら仕方ありません、最近ヒグマによる事故が相次いでますからね。
道民の森のウドはなかなか立派ですね。
道民の森は人が入りやすそうな所なので
敬遠していましたが、捨てたもんじゃないですね。今度行ってみます。
記事最後の山菜の下ごしらえ、とても参考になります!

No title

おはようございます。

>厚田のタケノコ採りは残念でしたね。

すみません。ご案内するとお約束をしていながら。

>ヒグマ出没中なら仕方ありません、最近ヒグマによる事故が相次いでますからね。

地元のヒグマ情報には従うと言うのが、より安全に山菜採りを行うための鉄則ですので。

>道民の森のウドはなかなか立派ですね。
道民の森は人が入りやすそうな所なので
敬遠していましたが、捨てたもんじゃないですね。今度行ってみます。>

そうなんです。本当に楽な場所でしかも見通しがよく、ヒグマとの遭遇しにくい場所なので、結構気楽に山菜採りが楽しめます。

>記事最後の山菜の下ごしらえ、とても参考になります!

ありがとうございます。今は亡き義母から教えてもらった方法です。
プロフィール

kaz-hokkaidou

Author:kaz-hokkaidou
私のブログへようこそ!
管理人のKazと申します。

サラリーマン生活を送りながら、北海道の自然や食を満喫しています。春は山菜、夏は潮干狩りそして秋にはヤマブドウ狩りに出かけます。暑さ対策や果樹・野菜作りも紹介しますね。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR