スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2016年果樹栽培、ぶどう編

2016年ぶどう栽培。家の裏庭には以前、隣の人が引っ越しの際に譲り受けたキャンベルアーリー種の黒ぶどうを栽培しています。
樹齢は15年以上だと思います。
ここ数年は毎年たわわに実を付けてくれます。

春先、ぶどうの樹はこんな感じです。一応、厳冬期に剪定もしています。
ぶどう栽培の時に気を付けなければならないのは、冬季以外に枝を傷つけないことです。
傷が付くとそこから樹液が出て止まりません。一度夏場に枝を折ってしまった際は、癒合剤を塗るのですが、それでも流れ出る樹液を止めることができませんでした。その時は折れた断面をビニール袋で包み輪ゴムで止め何とか止めることができました。

image-2016-grape01.jpg

ぶどう棚はすべて手作りです。竹と鉄製の杭とビニール被膜の鉄線で作ります。杭はご近所さんから頂いたので、購入品は竹と鉄線ぐらいでトータル千円もかかっておりません。以下は7月ぐらいの様子ですが、ぶどう棚は居間の窓を覆いつくすように作っています。これで結構日陰になり、涼しいのですよ。天然の簾ということです。
防虫用の市販農薬は、シーズンで2回程度しか使用しません。それでほとんど防げます。
肥料もシーズン2回程度与えています。

image-2016-grape02.jpg

9月には、沢山の実を付けてくれます。この頃になると庭仕事の際には、ぶどうのつまみ食いをしています。最高に美味しいですよ。そうそうぶどうの実は犬には毒だそうです。それを知らないで以前は愛犬に食べさせていました。少量だったので害にはならなかったようです。
それとこの時期になるとカラスが実を狙ってきます。鳥除けネットは必需品になります。

image-2016-grape03.jpg

これが今年の収穫です。10キログラム以上あるでしょうか。大人のジュースでも作りましょうか。

image-2016-grape04.jpg

北海道最高!!
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

kaz-hokkaidou

Author:kaz-hokkaidou
私のブログへようこそ!
管理人のKazと申します。

サラリーマン生活を送りながら、北海道の自然や食を満喫しています。春は山菜、夏は潮干狩りそして秋にはヤマブドウ狩りに出かけます。暑さ対策や果樹・野菜作りも紹介しますね。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。