スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

近場の山林へタランボ狩りに出かけました。

平成23年5月22日(日)、午前7時頃。近場の山林へ山菜狩りに出かけました。今日は自分ひとりだけです。天気は曇り。気温15℃くらい。
今日の目標は、極上のタランボです。

早朝の森林は、ビトンチッドに満ち最高の気分になります。

昨年、タランボを収穫した場所に行きました。先客がいたらしく、結構採られていますが、何本かは美味しそうなタランボの芽をつけています。

早速、持参した相棒2(高枝切りバサミ)を取出し、収穫にかかります。

収穫の際には、必ず、1本の木に対し、ひとつの芽を残すようにしています。そうしなければ枯れてしまうのです。


一か所で数十のタランボの芽を収穫しました。ハリギリも少し収穫してみました。天ぷらにしたら美味しいハリギリですが、ほとんど手付かずの状態です。

これだけ、採れば自宅の分と、苫小牧に住む娘夫婦の分は確保できたでしょう。

タランボの林です。


食べ頃のタランボの芽がたくさん生っています。


りっぱなタランボの芽です。


ハリギリの芽です。天ぷらにしたら美味しいですよ。

タランボ狩りを終了し、今度はフキを採りました。

タランボの芽を収穫した場所の近くには、収穫に適したフキが群生していました。

持参したナタで、太さが手頃の白フキのみを収穫していきます。

茎を切った際には、必ず切り口を覗き込み、虫食いが無いかを確認します。

フキ採りに興じている途中で、息子をJR駅まで送っていくことを思い出しました。日曜日なのに塾の模試ということ。ドラマーの息子は、受験生でもあるのです。趣味に、勉学にと時間を有意義に使っているようです。
でも遊ぶ時間が少なくて、少し可哀そうです。
まあ、大学に入れば、今よりは自由時間はできるでしょう。

午前9時。今年二度目の山菜採りを切り上げ、帰途につきました。


フキの群生地です。



帰ってからは、カミさんと二人で、山菜処理です。

タランボの芽を娘夫婦に送る分と、自宅分を振り分けてから、フキの処理に取り掛かりました。

フキはそのまま、茹でてから皮をむき、後は水に浸しアク抜きをするだけです。

フキを茹でる際には、一部のタランボも茹でます。茹でたタランボは胡麻和えにします。

カミさんは、天ぷらにする以外のタランボで胡麻和えを作るそうです。
それも楽しみですね。

皮をむいたフキの半分も娘夫婦に送ります。フキは娘の好物なのです。
タランボの芽は、娘夫婦共に大好きとのこと。来年も送るからね。


本日の収穫です。タランボの芽です。


本日の収穫です。ハリギリの芽です。


本日の収穫です。フキです。


天ぷら用のタランボの芽はアク抜きのために水に晒します。


天ぷら用のハリギリの芽はアク抜きのために水に晒します。


胡麻和えにするタランボと、油炒め等にするフキを茹でています。


茹でたフキは皮をむいて、水にさらします。



今晩の夕食メニューは、山菜の天ぷらです。

採ってきたタランボとハリギリの芽がメインです。他に近所のスーパで買ってきた行者ニンニクや、山菜以外には、シイタケ、海苔、タマネギ、エビ、イカ等です。


山菜のテンプラです。


山菜のテンプラです。


その他のテンプラです。


玉ねぎの掻揚げです。


天ぷらを並べてみました。


天ぷらの他に新鮮な刺身がつきます。ソイ、エンガワ、イカ等です。


天ぷらの他に刺身がつきます。


タランボの天ぷらに、ツユを付けて齧り付きます。一瞬で口内に春が弾けます。美味い!美味すぎる。
美味しい天ぷらに冷えたビールが合うんですよね。


タランボの芽の天ぷらから頂きます。溜息が出るくらい極上です。


天ぷらの次にタランボの胡麻和えを食します。これも中々、オツな味がします。
タランボの胡麻和えは、山菜特有の微かな苦味があり、日本酒に合う感じですね。


タランボの芽の胡麻和えです。


今夜も楽しい夕餉のひと時が過ぎていきます。

カミさんの手料理は最高ですね。

北海道最高!



スポンサーサイト

今年初めての支笏湖観光

平成23年5月3日(火)早朝、天気は晴れ。気温7℃くらい。今日は、カミさんと二人で、今年の3月に結婚し、苫小牧に引越しした娘を迎えに行きました。娘の初めての里帰りです。

日差しはあるのですが、風が強く、肌寒い感じです。

苫小牧で娘夫婦を乗せて、支笏湖に向かいました。
娘の旦那は、中々の好青年です。

娘は以前から支笏湖に行きたいと言っており、さらに私もお気に入りの場所なので、私の家に向かう途中で支笏湖観光と相成りました。

支笏湖に着いたのは昼ぐらいでした。風は止み、日差しが心地よかったです。

娘夫婦はさっそく、ボート乗り場で、スワンボートではなくアメボートに乗りました。
随分と楽しそうではないですか。


支笏湖温泉近くのボート乗り場です。


娘は、以前からアメンボに似たアメボートに乗りたかったそうです。
小学校低学年までは、活発な子でしたね。自然の中で遊ぶのが好きで、特にサクランボ狩りやアスレチックコースが大好きで、大きな目を輝かせていました。遊園地にも随分と行ったものです。

娘夫婦の他にアメボートに乗っている人はいませんでした。家族連れが多いのか、スワンボートが10艘くらいで、その合間を縫うようにアメボートを走らせていました。結構スピードが出るようです。

ボート乗り場で娘達を待っている間にちょっとした事件がありました。
ボートの係員が、桟橋から湖に落ちてしまったのです。
すぐに自力で這い上がりましたが、当然、全身ずぶ濡れでした。


娘夫婦がアメボートに乗っています。


娘夫婦がアメボートに乗っています。


支笏湖のボート乗り場近くです。


千歳川のです。



その後、近くの土産屋で、娘に焼き鳥を買ってあげました。
娘が焼き鳥を持って、車に向かう途中、カラスに焼き鳥を奪われそうになったとのこと。
私はトイレに行っていて目撃しなかったのですが、支笏湖のカラスは観光客が持っている食べ物を狙ってくるそうです。皆さん。お気をつけください。


支笏湖を後にして、途中、恵庭市にあるラルマナイの滝に寄りました。


滝の上に架けられた橋の上で記念撮影です。周囲は大自然そのものです。私は皆とは少し別のことを考えていました。この川沿いにはアイヌネギがあるなと考えていたのです。私ひとりなら、探しに行ったでしょう。


恵庭市ラルマナイの滝です。


ラルマナイの滝で記念撮影です。


ラルマナイの滝を橋の上から撮影しています。









厚田方面で、今年初の行者ニンニク狩り

平成23年4月29日(金)午前9時頃、気温10時くらいで、小雨交じりでちょっと肌寒いくらいです。

今日は今年最初の山菜採りです。会社の同僚のご家族と一緒です。

厚田方面に出撃しました。ゲートは半開きの状態です。


某所林道の入り口


昨年、見つけた場所に繰り出します。


某所


すぐに見つけることができました。形の良い二枚葉です。丁度食べ頃でしょう。


形のいい行者ニンニクが生えています


10時頃に切り上げて。帰路につきました。同僚の奥さんが、ウドの群生を見つけたそうです。
まだ、芽が出たばかりで十センチくらいのウドがたくさん生えていたとのこと。
まだ、小さいと思い採らなかったとのことです。テンプラにしたら、最高なのですが。


さて、肝心の行者ニンニクは、買い物袋一杯ぐらいです。家族で食べるには十分すぎるくらいの量です。


買い物袋一つ分の行者ニンニクです


採ってきた行者ニンニクを良く水洗いします。


行者ニンニクをよく水洗いします


次に茎の部分の赤い皮を指で剥がしていきます。これで処理は完了です。


処理前の行者ニンニクです。茎の部分に赤い皮がついています。


茎の部分の赤い皮を指で、剥いで行きます


さて、今夜は当然ながら、焼肉とあいなりました。カミさんと息子と私の三人がテーブルを囲みます。
主役は当然、行者ニンニクです。肉は味付けラム肉が最高に合いますよ。今日は、味付けと生の二種類を用意しました。他に牛肉や、豚のトントロ肉もあります。


今夜は焼肉です。主役は当然、行者ニンニクでしょう


鉄板で行者ニンニクと味付けラム肉を絡めて焼いていきます。香ばしい匂いがしてきました。胃腸を刺激する匂いです。


行者ニンニクと味付けラム肉を絡めるように炒めていきます


丁度良く焼けた行者ニンニクとラム肉を頬張ります。
お、美味しすぎる!それにビールが合うんですよ。普段は、小食のカミさんもこの時ばかりは、息子や私以上に行者ニンニクを貪ります。まあ、カミさんのために採ってきているということでしょうか。


行者ニンニクとラム肉が丁度いい具合に焼けました


行者ニンニクと味付けラム肉にモヤシを加えると美味しさが倍増します。限りなく美味です。


もやしを絡めて焼くと美味しさが倍増します


シメは、行者ニンニク入り、醤油タマゴご飯ですね。肉ばかりだと飽きてきますので。


仕上げは、行者ニンニクを加えたタマゴ醤油ご飯です


行者ニンニク入り、醤油タマゴご飯を鉄板でチジミ風に炒めていきます。
これもナマラ美味いですよ。お試しあれ!北海道最高!


タマゴ醤油ご飯をフライパンで炒めていきます



プロフィール

kaz-hokkaidou

Author:kaz-hokkaidou
私のブログへようこそ!
管理人のKazと申します。

サラリーマン生活を送りながら、北海道の自然や食を満喫しています。春は山菜、夏は潮干狩りそして秋にはヤマブドウ狩りに出かけます。暑さ対策や果樹・野菜作りも紹介しますね。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。