スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ふたたび、海へ!

8月7日(土)、天気は曇り、気温25℃。
今日は今年2回目の潮干狩りの日。本来であれば、7月に2回は出撃している
筈が、前回の潮干狩りで膝頭を負傷したために、傷が癒えるのを待っての出撃。
この怪我のお陰で、天然のハスカップ狩りも今年は断念です。

引き潮の時間が午前7時と、早いため5時30分には出発。
いつもと少し違うルート(農道)を快適に飛ばしていきます。

出発の時は、曇っていたのですが、日差しが出てきました。

7時頃に現地到着。
波は静かで、潮干狩りをしている人はまばらでした。


潮干狩りの場所です。あまり人はいません。


随分、潮が引いていますね。波も穏やかです。


先発隊が既に磯でウニ採りを行っていましたが、要領がわからず、右往左往し
ておりました。

狩猟スタイルに着替え、いざ出陣です。

水温は20℃くらい。丁度いいくらいです。

1か月前に根こそぎ採った筈がけっこう、いますね。
深いところから、移動してくるのでしょう。

小さいウニはすべてリリース。来年が楽しみです。


午後から高校生の息子と芸術の森にジャズを聞きに行く予定があったので、ウ
ニ採りは適当に止め、ホッキ貝採りを始めました。
岸から10メートルくらいで、水深が50センチ程度の場所でホッキ貝採りを始め
ます。
すぐに10センチくらいの巨大ホッキ貝をゲット。刺身にしたら、なまら美味い
上物です。

ホッキ貝採りは、足の裏で足首くらいまで砂を掘り、指先や踵をセンサーのよ
うにして、ホッキ貝を探ります。固く、微動だにしない物が、見つかったら、
20~30%の確率でホッキ貝です。

ホッキ貝の他にバカ貝や白貝もいます。

今日は快調ですね。大きなホッキ貝をいくつもゲットします。

ホッキ貝採りは、想像以上に過酷な漁です。
砂を足で掘るために、腰振りダンスを延々と続けなければなりません。
7月初めだと、水温も15℃くらいで震えあがるほど冷たく、物凄く体力を消
耗します。
採ったホッキ貝は大抵近所に御裾分けをするのですが、お隣さんに「こんな貴
重な物を」とよく言われます。重労働を考えると、まったくそのとおりなので
す。

しかし、10センチ以上の大物を砂の中から、引っ張り出すときの感動は、何
度体験しても薄れることはありません。結構、力がいりますよ。中々抜けませ
んから。

それとホッキ貝採りをするときは、軍手を着用しましょう。素手だと砂が爪の
間に入り痛い思いをしますので。

この場所は、岸から近く浅いのですが、ここで育っているわけでは無いでしょ
う。結構、多くの人が来ますが、決して枯渇することは無いからです。
沖から大波に流されてくるのでしょう。台風の後が狙い目です。
台風の最中は駄目ですよ。海に近つくことは自殺行為に等しいです。
2メートル近くの高波が押し寄せます。すぐに全身を持っていかれるでしょう。
私は自然の中で遊ぶのは大好きですが、決して自然を甘く見たりはしません。

午前9時。帰りの時間を考えると、残念ですが、終了にしなければなりません。

本日の収穫です。

けっこう、ありますね。しかし、これらはすべて、一緒に来た仲間に分けます。
カミさんから持って帰るなという指令が下っていたからです。
午後から、ジャズフェスティバルに行くので、獲物を処理する時間が無いから
です。
今日も十分に遊んだな。北海道最高!**最高!


本日の収穫です。ウニやホッキ貝がザクサクです!
スポンサーサイト

中国東北飯店は最高です!

7月30日(金)18時30分半頃。天気は雨後曇り。気温は23℃くらい。

今日はプロジェクトの打ち上げで宴会です。

場所はススキノにある中国東北飯店です。住所は南5条東3丁目です。

ここの売りは、当然ですが安くて美味しい中華料理の数々です。

前菜で食べるジャガイモのサラダはあっさりとしていて、食感よく絶品です。
お勧めの一品ですね。


あっさりとして、美味しいジャガイモのサラダです。


鳥の唐揚げも定番です。振りかけられている塩コショウの風味が食欲を誘います。衣はさらっとした感じでしつこさがありません。
いくらでも食べれますよ。


鳥の唐揚げも極美味です。


その後、エビチリや回鍋肉やニンニクと豚肉の炒め物や餃子が続きます。
美味しさの余り、撮影するのを忘れました。

大皿に一品ずつ頼んで6人のオジサン達(20代の人もひとりいましたね。御免なさい)で貪り喰らいます。

レモン酒というお酒が料理に合うんですよ。

レモンを発酵させて作ったお酒なのでしょうか。製法は定かではありません。

そしてメンバー全員が満腹になったところで御開きとなりました。

ひとり当たりの料金は、あれだけ食べて2,300円です。安すぎる。絶対お勧めのお店です。


さて、宴会も終わり、2次会には行かず、帰路につきます。

地下鉄ススキノ駅から大通駅まで、ひとりポールタウンを歩いて行きます。

歩行者は若い女性が多いですね。皆、露出度の高い衣服を着て目の前を通り過ぎて行きます。オジサンには刺激的な街ですよ。札幌は。

ポールタウンを抜け、大通駅近くで、工事中の地下通路を見学です。
随分できていますね。
この通路ができれば、JR札幌駅からススキノはまで、雨に濡れずに歩いて行けます。歩くのが好きなオジサンには嬉しい限りです。


札幌駅と大通りを結ぶ地下道の工事写真です。


新しくできた北洋銀行の地下もお洒落な感じです。


新しくできた北洋銀行ビルの地下の様子です。お洒落ですね。


新しくできた北洋銀行ビルの地下の様子です。エレガントですね。


少し戻って酔い覚ましに夜の大通公園をお散歩です。

噴水が作る霧のシャワーは暑い夜には一服の清涼剤に思えます。


大通公園にある噴水です。


ビアガーデンは相変わらず大人気のようです。皆、短い夏を謳歌しているのですね。


夜の大通ビアガーデンです。


北海道最高!札幌最高!

荒ぶる豊平川

7月30日(金)17時半頃。天気は雨後曇り。気温は23℃くらい。

今日はプロジェクトの打ち上げで宴会です。

宴会まで時間があったので、豊平川の河川敷を歩きました。

昨夜の雨のせいでしょうか。普段は穏やかな豊平川の水面は一変していました。

水位も河川敷近くまで上がっています。


雨の所為で増水した豊平川です。


普段は穏やかな水面も今は、濁流となっています。


この急な流れだと、川に落ちたら、簡単に流されてしまいそうです。
普段は歩いて渡れるくらいの水位なのですが、今は深いところで2メートル近くはあるのではないでしょうか。

中州も水没して、柳の木が急流に揉まれていました。


中州も流れに呑込まれています。


しかし、周囲の風景は平和そのものです。

学生さん達がテニスに興じていたり、きれいなお姉さんがジョギングをしたりしています。

まったく危機意識は無いようです。

て言うか、川岸で荒ぶる豊平川を撮影している私こそ、危ない状況なのですが。

追伸;豊平川の水量は上流の豊平峡ダムで管理されているので、洪水の心配はあまり無いそうです。流れ込む支流も結構あるので過信は禁物ですが。

この店は、若い女性向きかな?

7月24日(土)、18時。天気は曇りで気温22℃。
今日は、ススキノの某居酒屋で新人の歓迎会です。

店の雰囲気は穴場風といった感じで、インテリアも少し凝っています。

創作和風居酒屋ということもあり、料理の見た目はおしゃれな感じです。

でも量は少ないですね。女性には喜ばれる感じでしょうが、飢えたオジサンの集団には、ちょっと物足りないかも知れません。

店員は若くて美人でしたよ。ちがう意味で美味しそうでしたね。ははは。


お洒落な感じの前菜というべきでしょうか。


サラダもお洒落な感じですね。


宴会が終わり、帰路につきます。

大通り界隈は夜(20時頃)でも賑やかですね。


夜の大通り界隈です。


新しくできた北洋銀行の入り口と思われます。




夏の旧道庁は中国人でいっぱいでした。

7月24日(土)、17時頃。天気は曇りで気温22℃くらい。
今日は、新人の歓迎会があるので、休日ではありますが、札幌市内に出てきております。我が部署は変則勤務なので、土曜日に宴会が多くなります。

宴会まで時間があったので、旧道庁を見てきました。

180万都市のど真ん中に、緑豊かな場所があって、心が安らぎます。

が、しかし、周囲から聞こえてくるのは、中国語ばかり。

中国人の観光客が多いですね。西欧人もいるのですが、圧倒的にアジア系の観光客が多いみたいです。

まあ、札幌で多くのお金を使ってくれるのですから、それはそれで有りがたいことです。


旧道庁は、中国人にとっても観光スポットのようです。


旧道庁の見どころは、緑豊かな池の風景でしょう。カモ等の野鳥も見ることができます。

この辺のオフィスで働いている方が、ちょっと羨ましいですね。
昼休み、ここで弁当食べたら、美味しいのではないでしょうか。


旧道庁の庭にある池です。静かです。


池の周囲は緑に溢れ、和みます。


少しの間、見ていたい気分になります。

扇風機で室内の換気を行い、室温を下げます。

7月19日(月)、時刻は23時頃。屋外は気温20度前後。写真に写っているのは我が家2階の寝室です。
室温を下げるために、室外に向けて扇風機を回しています。
時間的、経済的理由により2階にはスダレを付けておりません。
当然、クーラ無しなので、日中気温が高ければ、室温は結構上がります。
この夜は28度位になっていました。

この部屋の納戸をパソコン部屋にして使用しているのですが、当然ひとりなので暑い日はパンツ一丁で扇風機の風を浴びていれば結構涼しいのですが、
寝るときに室温が高ければ寝苦しいので、室温を下げるために、扇風機を室外に向けて回します。

扇風機をベッドの背もたれの上に載せて、窓の網戸に扇風機のヘッド部分をもたれさせ、強風で室内の空気を排出しているわけです。
これでどの程度の効果があるか、定量的な分析はしていませんが、1、2時間も続けると効果があるようです。
空気の流れを作るために、部屋のもうひとつの窓も全開にしています。

今度、温度計を使って効果の程を計測してみたいと思います。


扇風機を屋外に向けて、部屋の温度を下げます。

裏庭のグミの木にいっぱい実がつきました。

7月17日(土)午前10時頃、天気は晴天。気温23℃くらい。
裏庭のグミの木に、いっぱい赤い実が成っています。

グミの実の多くは完熟状態です。

三脚や高枝切りバサミを駆使して、グミの実を収穫していきます。
完熟したグミの実は、柔らかくビニール袋に入れるだけで崩れて行きます。


今日の収穫は2リッタービンの八分目くらいです。
何日か前に少し収穫して冷蔵庫に入れていたのですが、果汁が漏れていたということでカミさんが捨ててしまいました。
勿体無い!

グミの実は酸味が強いので、生食には向きません。愛犬に与えると喜んで食べますが。

大人のジュースにでもしようかな。


裏庭のグミの木に真赤なグミの実がいっぱいなりました


完熟したグミの実です。


グミの実は大人のジュースで楽しみましょうか。


裏庭の畑の作物はそれなりに育っています。
スナックエンドウは、込みすぎて生育が止まってしまいました。
来年の課題です。
でも少し収穫したスナックエンドウはサラダにして美味しくいただきました。

ナスやピーマンも収穫できそうな物もできてきました。


ナスビも大きくなってきました。


ピーマンも順調のようです。




清流、豊平川

7月15日(木)18時頃。天気は曇り。気温24℃。今日は札幌市内のホテルで会社の歓送迎会です。

会社からホテルまで3キロくらいを歩いて行くことにしました。

途中橋の上から、豊平川を撮影しました。

豊平川の流れは穏やかで、水も澄んでいます。

この川にはアユやヤマメやモクズガニが生息するとのこと。

今度、上海ガニにも劣らない味と言われるモクズガニ漁に
出かけるつもりです。


札幌市内を流れる豊平川です。


穏やかに流れる豊平川です。


豊平川の水面は澄んでいます。

プロフィール

kaz-hokkaidou

Author:kaz-hokkaidou
私のブログへようこそ!
管理人のKazと申します。

サラリーマン生活を送りながら、北海道の自然や食を満喫しています。春は山菜、夏は潮干狩りそして秋にはヤマブドウ狩りに出かけます。暑さ対策や果樹・野菜作りも紹介しますね。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。