スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今年初の潮干狩りです。

7月11日(日)、午前7時30分、市内某所で会社の同僚と待ち合わせ。
そうなんです。今日は、待ちに待った潮干狩りの日なのです。
気温は20℃で、天気は曇り。暑過ぎず、寒くないといった最適の潮干狩り日和です。
明日は新月で、潮も引いています。

会社の同僚は、家族総出でした。私は単独行動です。カミさんがあまりアウトドアが
好きでは無いので、仕方ありません。

同僚の息子さんは小学生ですが、礼儀正しく、可愛かったですよ。
私の息子なんか、高校2年で、あんまり会話もありません。

話が逸れてしまいました。

快適に飛ばし、9時過ぎに現地に到着。
結構、潮が引いていますね。

既に大勢の人が潮干狩りを楽しんでいました。


既に、先客がありホッキ貝を採っていました。


波は穏やかです。


近くには岩場もあります。



そうそう、ここには漁業権は無く、ホッキ貝やウニ等の魚貝類を採っても
罰せられることはありません。

漁期や獲物の大きさは制限がありますが。
海上保安庁に電話で、密漁にならないことを確認済みなので、問題ありません。


漁期や獲物の大きさ制限に関する看板


ホッキ貝を採る前にウニ採りです。結構いますね。

しかし、転んでしまい膝頭を負傷してしまいました。
結構深い傷で、血が出ています。

馬鹿な私は、その後出血しながら、今度はホッキ貝採りに熱中してしまいました。
しかし、やはり傷が気になり、途中で止めることにしました。

帰りに、いい景色だったので、車を降りて写真撮影です。

小麦畑でしょうか、黄色く色着いています。

傷は出血は止まりました。途中コンビニで傷バンソウコと消毒薬を購入し、
消毒は済ませました。


小麦畑ですかね。


かなり広い畑が見えます。


帰ってから、ウニの解体作業を行いました。


山盛りのバフンウニとムラサキウニです。


夕飯は、もちろんウニ丼です。暖かいご飯の上に大量のウニを載せ、その上に自家製の大葉を
チョッピリ載せます。


ウニ丼と焼きウニです。ウニは新鮮そのものです。


それでは頂きましょう。うーん。これは美味しいですね。
新鮮そのものです。ウニが口の中で溶けていきます。
怪我は残念でしたけど、十分満足させていただきました。


ウニ丼はナマラ美味しいですよ。食べ方が汚くてごめんなさい


怪我のせいで、ホッキ貝をあまり採る事ができませんでした。
お仲間に上げた分を入れると10個ぐらいでしょうか。
これはリベンジしなければなりません。


ホッキ貝等です。












スポンサーサイト

結婚記念日を市内の居酒屋で祝いました

7月8日、木曜日。市内の居酒屋’風雅’で結婚記念日のささやかなお祝いをしました。
この店には家族皆で何度か来たことがあります。今日はもちろん、カミさんと二人です。
海鮮やホルモン料理が美味しい店です。料理の感じは韓国風でしょうか。

まず、新鮮なホタテの刺身や、エビマヨからいただきます。
ホタテの刺身は見た目どおり新鮮でした。プリプリした感じがたまりません。
それから好物のエビマヨを頂きます。お洒落な盛り付けですね。
味はくどくなく、程よい塩気で美味しいですよ。


新鮮なホタテの刺身に、エビマヨです。


次は、ホルモンの唐揚げを頂きます。
山盛りのレタスの中に、ホルモンの唐揚げが隠されています。
ホルモンは柔らかいですね。いい味ですよ。
生ビールに合いますね。ヘルシーな感じで若い女性には好まれるのでは
無いでしょうか。
二人とも飲み放題を頼んだので、ビールに始まり、サワー類やワインとハイペースで飲んでいきます。


ホルモンの唐揚げです。大量のレタスと一緒にいただきます。


次に運ばれてきたのは、マグロのユッケ風です。
口に運ぶと、新鮮なマグロの叩きと卵の黄身が口内で蕩けます。
マグロはどういった料理方法でも美味しいですね。


マグロのユッケです。


その他にも色んな料理を注文したのですが、一番美味しかったのはホルモン鍋ですね。
使っているホルモンは柔らかく、脂身がついていて口の中で溶けそうになるほどです。
タレも少し甘辛く絶妙な感じです。
楽しいときが過ぎていきます。
来年も美味しい店で結婚記念日を祝いたいです。


極美味のホルモン鍋です。




今夜は家でお寿司をいただきます。

7月5日(日)、今夜は家で生寿司を食べます。
ネタは市内のスーパーで買ってきました。
ロシア産生ウニが何と、380円でした。ウニ丼にするわけでは無いので、この量でも十分です。


市内のスーパーで買ったロシア産生ウニ380円です!


北海道古平産の生エビも新鮮で安かったですよ。何と184円でした。


北海道古平産の生エビ184円です!


生ホタテも外せませんね。北海道宗谷産の生ホタテが317円でした。


北海道宗谷産の刺身用生ホタテ317円です。


カミさんの好物の生ツブも買ってきました。新鮮ですよ。


苫小牧産生ツブ324円です!


北海道の夏は生イカですね。新鮮で美味しいですよ。


北海道産生イカ381円です。


ネタを皿に盛りつけました。マグロやサーモンもありますね。どれも新鮮ですよ。


寿司ネタを皿に盛り付けました。


一番のご馳走はやはり生ウニですね。


ロシア産生ウニです!


カミさん手作りの卵焼もあります。これが結構美味しいのですよ。


卵焼です!


エビマヨは好物ですね。エビだけではなく、ホタテも入っています。


エビマヨです!


エビの頭をから揚げにしたツマミも作りました。味はピリ辛でビールに結構合います。


エビの頭の唐揚げです!


シャリは三人分です。少し多いかも知れません。


シャリです!


シャリを作る型です。左側の容器に寿司飯を入れ、右側の蓋で圧縮します。


寿司の型です。


全食材を並べたら、こんな感じになります。


夕食の食材を全部並べたら、こんな感じです。


では、頂くとします。まず、シャリにワサビを付けます。


まず、シャリにワサビを載せます。


最初に好物の生エビから頂きます。二匹をシャリに載せ、ぱくりと一口。美味しいですね。新鮮でプリプリしています。


まず、好物の甘エビから頂きます。


次は新鮮な生ツブです。コリコリしていて最高の食感です。


次は新鮮なツブです。


ウニ巻きも作ってみました。不器用なので上手く巻けませんが、味はナマラ美味いです。


ウニ巻きも作ってみました。


ビールはやっぱりジェントですね。どんな料理にも合いますよ。一本100円しないのですから驚きです。
ビールを空けたら、今夜はレモンサワーで料理を楽しみます。


ビールはやっぱりジェントです。





市内のスーパーで一匹255円のズワイガニを買ってきました。

7月4日(日)、市内のスーパーで一杯255円のズワイガニを買ってきました。
ロシア産なので、こんなに安いのでしょうか。
けっこう身が入っていました。カニミソも入っていましたよ。

一杯255円のロシア産ズワイガニです。


一匹のズワイガニからけっこう身が取れました。


ズワイガニは酢醤油で頂きます。やっぱりカニは美味しいですね。北海道の食材でカニは外せません。
今度は、タラバや毛蟹や花咲きガニを買ってこようと思います。


ズワイガニの身は酢醤油で頂きます。


ズワイガニの他に、新鮮な道内産の刺身用イカも買ってきました。四杯で381円です。


道内産の新鮮なイカです。


夏はやっぱり新鮮なイカの刺身ですね。刺身が最高に美味しい。ご飯にも合いますしね。何杯でも食べれます。


新鮮なイカの刺身です。


イカゴロです。イカの内臓を醤油につけたものです。最高の酒のツマミになります。


新鮮なイカの内臓です。


イカの刺身はワサビ醤油でいただきます。美味しいですね。酒が進みます。


イカの刺身をワサビ醤油で頂きます。


その他にはオニオンリングや冷奴や漬物を頂きました。



オニオンリングです。


冷奴です。


漬物です。


今晩も満腹です。カミさんの料理の腕と新鮮な食材に感謝!


食卓には美味しい料理が並んでいます。

今晩は鳥の甘辛煮で美味しいお酒をいただきます。

7月2日(金)。今晩のオカズは鶏肉の甘辛煮です。鶏肉の他にゆで卵も入っています。
柔らかく煮込んだ鳥の足に齧り付きます。これも美味しいですね。
ゆで卵にも甘辛いタレがしみ込んで、非常に美味です。
冷たく冷やしたビールに合うんですよ。


鶏肉とゆで卵の甘辛煮です。


濃厚な鶏肉の甘辛煮には、あっさりとした刺身がよく合います。新鮮なツブ貝やマグロは事のほか美味です。


新鮮なツブやマグロのお刺身です。


先月採ってきたギョウジャニンニクは冷凍しておいたんですが、それをオヒタシにして頂きます。
ギョウジャニンニクは本当に美味しいですね。


先月採ってきた行者ニンニクのお浸しです。

宝永の餃子。ナマラ美味いです。

7月1日(木)。今晩のオカズは宝永の餃子です。市立病院の売店で売っています。
40個で1,300円です。
生姜風味で、肉と野菜の詰め物がいっぱい入っていて、むっちりとした食感が堪らなく美味です。


宝永の餃子です。ナマラ美味いです。


麻婆豆腐はピリ辛で食欲が進みます。大量にあるので、残ったら翌朝、熱々のご飯にかけて食べます。


麻婆豆腐です。


ダイコンとシ-チキンのサラダです。青シソは家の畑で採れたものです。
あっさりとしていて、美味しいですよ。


ダイコンとシーチキンのサラダです。


さて、熱々の餃子に齧り付きます。口内に肉汁が弾けます。
思わず、溜息を漏らしてしまいました。


餃子をタレにちょっとつけます。


齧り付いたあとから、肉汁が滴り落ちています。
ビールが美味しいですね。最高に合うのですよ。
ご飯とも相性がいいですね。


かぶりついた餃子から肉汁が滴り落ちます。



タラコスパゲッティも美味しいですね。

6月30日(水)、夕食はタラコスパゲッティです。道内産のタラコとバターを使用しています。
タラコスパゲッティも好物ですね。二人前位食べます。


タラコスパゲッティです。


カブの甘酢アンカケ風も美味ですね。柔らかく煮たカブが口の中で溶けていきます。


カブの甘酢アンカケ風です。


ササミとレタスとスライス玉ねぎのサラダは、塩コショウで頂きます。


ササミとレタスのサラダです。


今晩も大満足です。


食卓に料理が並んでいます。

今夜は大好物の豚肉の唐揚げです。

6月27日(日)。今晩は大好物の豚肉の唐揚げです。私は鶏肉の唐揚げより好きですね。道内産の豚肉を使用しています。サクサクとした歯触りがたまりません。
いくらでも食べれます。ビールのツマミに最高です。


豚肉の唐揚げです。


つけ麺は、シコシコとしていて、最高に美味しいですよ。涼しげで夏に合いますね。


シコシコのつけ麺です。


サラダは、ホタテとキャベツのマユネーズ和えです。これも美味しいですよ。


ホタテとキャベツのサラダです。


今晩も楽しい夕食を迎えることができました。カミさんに感謝!


食卓に料理が並んでいます。



道内産のシシャモ。酒のツマミに最高です!

先月市内のスーパーで広尾産(道内)のシシャモを購入しました。
何と。10匹で284円でした。割引後には234円です。


道内産のシシャモ10匹284円です。


脂がのったシシャモは酒のツマミに最高です。


焼いたシシャモです。


支笏湖で川エビ採ってきたど!

6月25日(土)、快晴。本日は振替休日により会社は休み。
先週、支笏湖に川エビ採りに行き、一匹も採れなかったので、今日はリベンジで
再び支笏湖に川エビ採りに行きます。

私が何故、これほどまでに川エビ採りに拘るのかと言うと、実は子供が小さい頃
よく川エビ採りに連れて行きました。
その時は支笏湖では無く、岩見沢公園や子供の国にある小川でした。
子供に遊ばせるのが目的だったんですが、これが結構面白かったんです。
採った川エビは唐揚げにして食べていました。
決して泥臭くは無く結構美味しかったのを覚えています。

では何故、支笏湖かというと、それは水質の問題です。
湖沼では日本一の水質と言われる支笏湖で採れる川エビは特別に
思えたのです。


では、川エビ採りに向かう状況からご説明します。

家を出たのは9時30分頃です。外気温は24℃くらいでした。

市内を出て北広島に向かいます。途中牧草地や畑が続き、何とも牧歌的な
雰囲気です。


車は北広島方向に向かい、快適に飛ばして行きます。


北広島を過ぎ、島松内で国道36号に入り、千歳を目指します。

前回は、恵庭から道道117号から恵庭湖経由で支笏湖に向かったのですが
ガソリン節約のために距離が近い方を選びました。

しかし、これは失敗でしたね。国道36号は信号が多く、車両も多いので速度が
出ず、燃費も悪かったのではないでしょうか。
時間も結構かかったし、大型トラックが行き交う路線で少し緊張し、疲れてしまいました。


何とか、午前11時半頃には目的地である支笏湖温泉に到着しました。

何ど見ても支笏湖は美しいですね。


支笏湖の雄大な眺めです


車を森の中に位置する駐車場に入れました。駐車料金を410円も採られました。
まあ、一日で410円なら安いかも知れません。

駐車場近くの森から上を見上げると真っ青な青空が広がっています。

森の密度も高く、ビトンチッド200%状態で気分は最高です。


支笏湖温泉に着きました。木々の合間から見える澄み渡った青空が美しい青空



さあ、タモ網とクーラを手していざ出発です。


いざ、川エビ採りに出発です。


すぐに川エビがいそうな水草がある場所を見つけました。

水はきれいに澄み切っています。
水深15センチくらいの場所で、サンダル履きのまま入ります。
水温は少し冷たいくらいでしたが、日差しが厳しいので気持良かったです。


川エビは水草が生えている場所にいます。


水草をタモ網ですくうようにしますと、体長3センチから5センチの川エビが五匹も
タモ網に入っていました。


水草が生えているところをタモ網ですくいます。


タモ網には3センチから5センチ位の川エビが5匹入っています。



それから何度も水草がある場所をタモ網ですくうという動作を繰り返し、
一時間もせずに100匹以上採ることができました。

かき揚げを作るには十分だったので川エビ漁を終了します。


1時間ほどで100匹以上の川エビが採れました。


それからは、せっかく支笏湖まで来たので、観光がてら写真を撮ります。
平日なので人は少なかったです。

船着き場に観光水中船が停泊していました。船底から湖底を見渡せる船で支笏湖遊覧は楽しいでしょうね。


支笏湖温泉近くの船着場です。


千歳川の源流にある、山線鉄橋という赤い橋の近くを撮影しました。
湖面が深緑色で湖底が見えています。
肉眼で見ると湖面の美しさにため息が出るほどです。


昔王子製紙が鉄道の橋として使用していた山線鉄橋という赤い橋が見えています。


山線鉄橋から下流の風景です。



橋から五十メートルほど、下流の千歳川です。

水面は穏やかで、澄み切った水面に背景の新緑が映り、まるで夢のような美しさです。

美しい自然を見ていると時間が過ぎるのを忘れてしまいそうです。


エメラルドグリーンの千歳川と深い森のコントラストが素晴らしいです。



携帯電話で時刻を確認すると、午後1時近くになっていました。
そろそろ帰らなければなりません。午後3時にカミさんをパートの会社まで迎えに行かなければならないのです。

後、30分以内に支笏湖を去らなければなりません。

トイレタイムを兼ねて、近くにある支笏湖ビジターセンターを訪れます。
館内には、ヒメマスが泳ぐ水槽や、資料室があります。


支笏湖ビジターセンター


ヒメマスが泳ぐ水槽


資料室


10分ぐらいで、その場を後にしました。お腹が空いてきたので、近くにあった
土産店でイモモチを250円でひとつ購入しました。
店員さんは若くて美人でしたね。

イモモチは絶品ですね。食感はモチモチしていて、砂糖醤油が香ばしく本当に
美味しいです。腹持ちもいいですしね。


美味しそうなイモモチ250円なり


昔、支笏湖で昼食をとるときは、ラーメン店や食堂を利用しましたが、
最近はもっぱら土産店でイモモチや蕎麦を食べます。
蕎麦も安くて、それなりに美味しいです。

さあ、予定時間の1時30分になりました。車内でイモモチを食べ終え、
帰途につきます。


帰ってから、犬の散歩や畑の水やりを終え、夕飯の支度です。

今晩の夕食は、支笏湖で採ってきた川エビのかき揚げや、この間採って
きたタケノコも天婦羅です。タケノコは塩付けにしていたものを水で
戻しました。


塩付けにしていたタケノコを水で戻します。


川エビは氷水で絞めました。ザルに一杯ほどになりました。


川エビは氷水で絞めました。ザルに一杯ほどになりました。


天婦羅粉に塗して、油で揚げていきます。台所に香ばしい匂いが
満ちて行きます。


川エビを天婦羅粉に塗して、油で揚げていきます。


テーブルには天婦羅や冷やしウドンが並べられています。
これだけの量をカミさんと高校生の息子と3人で食べます。
市内に一人住まいの娘も天婦羅は好物なのですが、今日は仕事で
来れません。


テーブルには天婦羅や冷やしウドンが並べられています。


川エビのかき揚げは大量になりました。
玉ねぎと一緒に天婦羅に揚げたものと、川エビのみを天婦羅にしたものと2種類です。


川エビのかき揚げは大量になりました。


その他には、鶏肉のささ身やシイタケ、青シソ、ピーマンの天婦羅です。
青シソは畑から採ってきました。川エビやタケノコも自給です。
シイタケ栽培も始めましたので、来年位は自家製のものを味わえるでしょう。


その他には、鶏肉のささ身やシイタケ、青シソ、ピーマンの天婦羅です。


冷やしウドンは喉越しが良く、天婦羅に合うのですよね。


冷やしウドンは喉越しが良く、天婦羅に合うのですよね。


さあ、頂きましょう!

揚げたての川エビのかき揚げを天ツユにちょっとつけてから、齧り付きます。


揚げたての川エビのかき揚げを天ツユにちょっとつけてから、齧り付きます。


揚げたての川エビのかき揚げを天ツユにちょっとつけてから、齧り付きます。


う・・・美味い!まったく臭みはありません。
川エビの甘みが口内に弾けます。

次に良く冷えたビールを飲みます。
至福のひと時です。

自分で採ってきたものを美味しく頂く気分は最高です。

カミさんの料理の腕と、大自然に感謝!

猛暑に備えスダレをつけました。

6月25日(土)、快晴。午前8時。気温23℃。本日は振替休日により会社は休み。
天気予報で今日は30度近くまで気温が上がり、続く土日も30℃くらいまで気温があがるということなので、
急遽スダレを南向きの裏庭に面した窓に設置しました。


南向きの裏庭の開き戸にスダレをつけました。


窓にもスダレをつけました。


窓にもスダレをつけました。


隙間があり完璧な遮光にはなっていませんが、これで結構効果があります。

北海道でスダレ?と思われる方も多いと思いますが、北海道でも場所によりますが、8月初旬は、
本州並みに暑くなることをご存じの方は少ないと思われます。
今年は、少し異常で、6月から30℃近くまで高温になる日が続いています。
この先が思いやられます。

スダレを付けた居間の状況です。
薄暗い感じになりますが、それが、気分的にも涼しげな印象を与えます。
有害な紫外線もカットしてくれますので一石二丁です。


家の中からスダレ付きのガラス戸を見ています。


家の中からスダレ付きの窓を見ています。


家の中からスダレ付きの窓を見ています。


この日は、スダレを設置した後、屋外の気温が上がる前に、スダレを付けた居間の窓を
すべて閉め切ります。

これが、室内の温度上昇を防ぐ大きなポイントです。

それと、北海道は真夏で日中に30℃くらいに上がる場合でも、早朝であれば20℃くらいまで
気温が下がりますので、早朝に家の窓という窓を全開し、室内の温度を下げるというのも
重要です。

北海道の住宅の多くは、冬の寒さ対策として高断熱高気密仕様となっています。
ある種の魔法瓶と考えてください。

スダレにより遮光し、窓を閉めることで外部からの熱の流入を遮断するのです。

確かにスダレをかけ、窓を開け風を室内に通すというのが常識ですが、
これだと空気の流れと一緒に屋外の熱も室内に導くことになります。
実際、私も最初にスダレを購入した際には、スダレを設置した窓は開けていました。
直射日光は防げましたが、外気温が30℃を超える頃、室内温度もそれに応じて
上昇し、外気温とさほど変わらなくなりました。

ここで、北海道の暑さ対策のポイントを整理します。

1.北海道は、真夏で日中に30℃くらいに上がる場合でも、早朝であれば20℃くらいまで気温が下がる。
  早朝に家の窓という窓を全開し、室内の温度を下げる。少しでも日光を室内に入れないように
  スダレは降ろしたまま。

2.屋外の気温が上昇してきたら、スダレを降ろした状態ですべての窓を閉め切る。

以上です。

ただし、お住まいが高気密高断熱住宅というのが前提条件となります。

曇りの日も同様です。早朝の冷気を室内に取り込み、窓を閉めることにより
暖かい空気の流入を防ぎます。


実際、どの程度の効果があるか、温度計で計測してみました。


この日、私は午前9時半過ぎに支笏湖に川エビ採りに、カミさんはパートに出かけました。

二人が一緒に家を出たと時の室内温度が22℃でした。


温度計は22℃を示しています。


午後3時に家に帰って来たときの室内温度は25℃でした。


温度計は25℃を示しています。


この時、屋外は30℃近くまで気温が上がっています。

スダレを据え付けた窓を閉めることにより、3℃~5℃の室内の温度上昇を防ぐことができた
と思われます。

25℃と30℃では明らかに快適度が違います。


ここでスダレによる暑さ対策の仕組みを図解してみましょう。

高気密高断熱住宅では、窓も高断熱仕様となっています。
冬の寒さ対策から、日光は良く通すが、赤外線は通しにくい
構造となっています。
すなわち、夏場に窓を閉めていると、日光はどんどん通しますが
赤外線を通さないので、室内の温度はぐんぐん上昇していきます。


高断熱ガラスは太陽光は通しますが、赤外線は通しにくいです。


では、カーテンで日光を遮ったらどうでしょうか。
これも駄目ですね。日光はカーテンを温め、カーテンは室内を暖めて
しまうのです。


室内のカーテンは太陽光で暖められます。


では、どうすればいいのか。
それは窓の外でスダレによって遮光すればいいのです。
日光はスダレを温めますが、高断熱ガラスは赤外線を
通しにくいので室内が加温されることはありません。


スダレは太陽光を遮断し、高断熱ガラス窓は赤外線を通しません。


実は私の家には、一応クーラがあります。
単機能ですが、安さが売りの商品です。

上記の実験ではクーラを使用していません。


一応クーラもつけています。


スダレを付けることで、冷房効果も増し、電気代も節約できるのです。


何度も申し上げますが、高気密高断熱住宅ならば、早朝の低温とスダレにより
暑さをしのぐことが可能です。

プロフィール

kaz-hokkaidou

Author:kaz-hokkaidou
私のブログへようこそ!
管理人のKazと申します。

サラリーマン生活を送りながら、北海道の自然や食を満喫しています。春は山菜、夏は潮干狩りそして秋にはヤマブドウ狩りに出かけます。暑さ対策や果樹・野菜作りも紹介しますね。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。