スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2012年8月 富良野にて

meronhouse2012.jpg

2012年8月18日(土) 場所は富良野。天気は晴れ時々曇り。気温は25度以上。

カミさんと息子と三人で、富良野に観光目的で足を伸ばしました。
私は造られた自然より、人の手が入っていない自然の方が、どちらかといえば好みなのですが、息子の希望で行くことにしました。

最初に富田フォーム近くのメロンハウスに立ち寄りました。
昼食目的でしたが、そのとき食べたいものが無かったので、ちょっとだけ立ち寄り、すぐ近くの富田フォームに向かいました。



furano2012-02.jpg

富田ファームから撮影した花畑です。絶景ですね。人の手が入らない自然が好きと勝手なことを言っておきながら、咲き誇る花々と背景の山々の美しさに暫し見とれておりました。
写真撮影の前に、オープンテラスでパスタやカレーなどの軽い食事をとりました。
美味しかったですよ。ビールが飲みたかったのですが、運転手なので我慢です。

furano2012-01.jpg

花畑の前で、カミさんと息子の写真をとりました。息子も十分楽しんでいるようです。
その後、園内を散策しました。
ラベンダー入りのアイスクリームは絶品でした。
クリームが濃厚で、素晴らしいのに尽きるのです。

furano2012-03.jpg

ラベンダーを使った香料工場も見学です。

torinumakouen2012-01.jpg

富田ファームを十分に堪能してから、富良野市内に位置する鳥沼公園に立ち寄りました。
http://hokkaido-map.com/area/furano/torinuma-park/
実は、この場所は知らなかったのですが、緑郷に向かう途中で偶然見つけたのです。
周囲は鬱蒼とした森で中央に鳥沼(池)が位置しています。
何と、写真の手漕ぎボートが無料で楽しめるのです。
しかも鳥沼は湧き水ということで、けっこう水質はきれいなのです。
巨大なニジマスが悠々と泳いでいる中、三人でボートを楽しみました。

その他、「北の国から」で有名な緑郷や、その近くに位置するジャム工場で観光をしてから岐路につきました。

dinner01.jpg

dinner02.jpg

dinner03.jpg

帰ってから、家の近くにある焼肉屋で夕食です。
三人で新鮮な肉を貪り、美味しい酒を堪能します。最高です。

シメは何といっても、ユッケジャンラーメン激辛です。
ここのユッケジャンラーメンは最高です。

北海道最高!
スポンサーサイト

久しぶりの支笏湖です。

平成24年8月14日(火)、天気は快晴。気温25度くらい。今日は息子がドライブしたいということで支笏湖まで足を伸ばしました。

sikotsuko2012jpg.jpg


支笏湖畔は、波が穏やかで、湖面も鏡のように周囲の自然を映し出し、絵のような美しさでした。
ここはいつ来てもいい。最高に落ち着きますね。


chiosegawa2012.jpg


支笏湖を源流とする千歳川は、家族連れで賑わっています。千歳川の水面もコバルトブルーで惹き込まれるような美しさです。千歳川の源にかかる赤い橋の上から見ています。一日中でも飽きないでしょう。


baiten2012.jpg


imomochi2012.jpg


ちょっと小腹が空いたので、売店でイモモチを購入しました。
支笏湖の売店で売っているイモモチは美味ですね。
懐かしい味がします。


rarumanai2012.jpg


rarumanai201202.jpg


支笏湖の帰りには、恵庭市にあるラルマナイの滝を見ました。支笏湖を訪れるときは必ずここも通ります。
周囲は静寂に包まれています。ここはヒグマの生息地ですので、観光客の方は林道等には踏み込まないほうが
よろしいかと思います。


isarigaw2012.jpg


isarigawa201201.jpg


isarigawa201202.jpg


ラルマナイの滝を見た後は、帰りのルートにある漁川ダムを訪れました。
最初、観光客は我々だけでした。後から一組のカップルがやってきただけです。
聞こえる音と言ったら野鳥のさえずりだけです。
ここは、ひとりを楽しむ場所化も知れませんね。

今日も家族でドライブが楽しめて最高でした。

北海道最高!

はじめての地球岬は素晴らしい場所でした

平成24年8月13日(月)、天気は雨、気温20度くらい。今日はお盆で帰省していた娘を、娘の自宅がある室蘭まで送っていきました。朝から生憎の雨でドライブ日和というわけではありません。
つくば市で大学生活を送る息子も帰省中だったので同行します。

tomakomai.jpg

途中、苫小牧にあるウトナイ湖でトイレタイムです。


chikyuumisaki-2012-01.jpg


娘を送った帰りに、はじめて地球岬に立ち寄りました。
カミさんと息子で記念撮影です。


chikyuumisaki-2012-02.jpg


chikyuumisaki-2012-04.jpg


chikyuumisaki-2012-05.jpg


地球岬がこれほど風光明媚な場所とは思っていませんでした。
生憎の曇り空にも関わらず、荒々しい絶壁、青く澄んだ海面と景色は最高でした。


chikyuumisaki-2012-03.jpg


展望台の上には、誰でも鳴らすことができる鐘がありました。

家族3人また来ようといいながら、地球岬を後にしました。

苔の洞門に行って来ました。

平成23年6月12日(日)、午前中。気温15度位。

今日は、カミさんのパート先の会社行事で千歳に行って来ました。
カミさんを千歳のホテルに送ってから時間があったので、支笏湖方面に足を伸ばしました。
目的地は、支笏湖沿岸に位置する苔の洞門です。


千歳から30分くらいで苔の洞門に到着です。結構広い駐車場ではありませんか。

苔の洞門駐車場


苔の洞門入り口です。ロッジ風の管理事務所が入り口となっていまして、反対側が苔の洞門へと続く林道となっています。入場券はありませんが、自然保護という名目で僅かながらの寄付金を払いました。
300円くらいの入場料でも人は入るでしょう。


苔の洞門入り口(ロッジ風管理事務所)

さて、管理事務所から苔の洞門かでは1キロくらいあり、徒歩で向かいます。道脇には一面フキが生えていました。30年くらい前に来たときは、良質のウドが無造作な感じで生えていたんですが。探しましたが見つかりませんでした。


苔の洞門へと続く道


少し進むとヤマブドウの木を見つけました。ちゃんと房が生えていますね。今年の秋は鈴なりになるのでしょう。
管理人に聞くと、採ってもかまわないということですが、相棒(高枝切りバサミ)を持っていくわけにはいきませんからね。


途中でヤマブドウの木を発見しました。


歩いて15分ほどで、苔の洞門入り口に到着しました。
結構急なスロープを登らねばなりませんが、頑丈な手すりがあるので問題はありません。


苔の洞門の本当の入り口


結構きついスロープの階段です。


階段を上から見下ろしたところです


最上部から、苔の洞門へと続く道を見下ろしたところです。


やっとの思いで、入り口まで到着しましたが、崩落の危険性があるので、観光客はここで足止めです。
神秘的な感じです。それに涼しげですし。一見の価値は十分あるでしょう。


苔の洞門です。


帰り道で変な植物を見つけました。これは何の実でしょうか?


この植物は何でしょうか?


苔の洞門からの帰り道に霧の支笏湖を写しました。神秘的ですね。晴れても霧が出ていても支笏湖は絵になります。
さあ、カミさんを迎えに行こうっと!北海道最高!


霧の支笏湖です。

今年初めての支笏湖観光

平成23年5月3日(火)早朝、天気は晴れ。気温7℃くらい。今日は、カミさんと二人で、今年の3月に結婚し、苫小牧に引越しした娘を迎えに行きました。娘の初めての里帰りです。

日差しはあるのですが、風が強く、肌寒い感じです。

苫小牧で娘夫婦を乗せて、支笏湖に向かいました。
娘の旦那は、中々の好青年です。

娘は以前から支笏湖に行きたいと言っており、さらに私もお気に入りの場所なので、私の家に向かう途中で支笏湖観光と相成りました。

支笏湖に着いたのは昼ぐらいでした。風は止み、日差しが心地よかったです。

娘夫婦はさっそく、ボート乗り場で、スワンボートではなくアメボートに乗りました。
随分と楽しそうではないですか。


支笏湖温泉近くのボート乗り場です。


娘は、以前からアメンボに似たアメボートに乗りたかったそうです。
小学校低学年までは、活発な子でしたね。自然の中で遊ぶのが好きで、特にサクランボ狩りやアスレチックコースが大好きで、大きな目を輝かせていました。遊園地にも随分と行ったものです。

娘夫婦の他にアメボートに乗っている人はいませんでした。家族連れが多いのか、スワンボートが10艘くらいで、その合間を縫うようにアメボートを走らせていました。結構スピードが出るようです。

ボート乗り場で娘達を待っている間にちょっとした事件がありました。
ボートの係員が、桟橋から湖に落ちてしまったのです。
すぐに自力で這い上がりましたが、当然、全身ずぶ濡れでした。


娘夫婦がアメボートに乗っています。


娘夫婦がアメボートに乗っています。


支笏湖のボート乗り場近くです。


千歳川のです。



その後、近くの土産屋で、娘に焼き鳥を買ってあげました。
娘が焼き鳥を持って、車に向かう途中、カラスに焼き鳥を奪われそうになったとのこと。
私はトイレに行っていて目撃しなかったのですが、支笏湖のカラスは観光客が持っている食べ物を狙ってくるそうです。皆さん。お気をつけください。


支笏湖を後にして、途中、恵庭市にあるラルマナイの滝に寄りました。


滝の上に架けられた橋の上で記念撮影です。周囲は大自然そのものです。私は皆とは少し別のことを考えていました。この川沿いにはアイヌネギがあるなと考えていたのです。私ひとりなら、探しに行ったでしょう。


恵庭市ラルマナイの滝です。


ラルマナイの滝で記念撮影です。


ラルマナイの滝を橋の上から撮影しています。









プロフィール

kaz-hokkaidou

Author:kaz-hokkaidou
私のブログへようこそ!
管理人のKazと申します。

サラリーマン生活を送りながら、北海道の自然や食を満喫しています。春は山菜、夏は潮干狩りそして秋にはヤマブドウ狩りに出かけます。暑さ対策や果樹・野菜作りも紹介しますね。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。