初めてのハスカップ狩り

平成25年7月12日(金)、天気は曇り、気温18度くらい。
今日は初めてのハスカップ狩りです。ハスカップが自生している勇払原野まで車を飛ばしました。
ハスカップは、5ミリから1センチほどの大きさで熟すと紫色になる果実です。
樹木の大きさは1メートルくらいでビタミンC、アントシアニン、カルシウムなどが豊富に含まれています。
ジャム、果実酒、お菓子に加工されます。甘酸っぱく、ジャムには最適です。
随分前から、自然に自生しているハスカップに興味があり、インターネットで探していました。
私が夏に潮干狩りに行く場所から5キロほどのところにありました。


hasukappu2013071201.jpg

つなぎを着て、虫除けの網に覆われた帽子を被り、腰には鉈とバック社製のナイフを差し、いざ出陣です。
首にタオルを巻きつけてダニ対策は万全です。

道路から暗い獣道に入り、深い森の中を50メートルほど進むと視界が急に開けます。
「こんなところに自生しているのかな」と思っていると足元に紫色の実が目に入りました。
手に取ると1センチほどのハスカップでした。
周囲を見ると、ハスカップの木が生い茂っていました。
家でも育てているので、すぐに見分けがつきました。
見渡す限り、ハスカップの木が生えています。
先客がいるらしく、ラジオの音が聞こえていました。
ヒグマ除けか、自分の位置を確認するためでしょうか。

hasukappu2013071202.jpg

hasukappu2013071206.jpg

hasukappu2013071203.jpg

ハスカップの実は、6月下旬から7月中旬まで実をつけます。1本の木でもいっぺんに木の実が熟すわけではないので、採り尽されることはありません。
そこら中にハスカップの実が見えます。
私は興奮の絶頂でしたね。念願のハスカップ狩りが実現できたのです。
それに楽なんですよ。ハスカップ狩りは。
平坦な場所で障害物もなく、気楽な気分で収穫できます。タケノコ狩りとは天と地ほどの差があります。

2時間ほどで切り上げ、帰路につきます。
15時までに帰り、カミさんのパート先まで迎えに行かねばなりません。
買い物袋の中には、結構実が入っています。
ハスカップの実は傷つきやすく、赤色の液が袋の底にたまっています。
満足です。

家には14時半くらいに着きました。シャワーを浴びてからカミさんを迎えに行きました。


hasukappu2013071204.jpg

hasukappu2013071205.jpg

帰ってから、カミさんがハスカップジャムを作ってくれました。
ハスカップの収穫量は2時間で500グラムでした。
ビン詰め3本のハスカップジャムが完成です。
1本は、室蘭で暮らす娘夫婦に、1本は筑波市で大学に通う息子用です。
残る1本は自分達の分です。
今季はもう一回ハスカップ狩りができるでしょう。

下世話な話ですが、インターネットショップで同じくらいのビン詰めが1本1,500円で売っていました。
ガソリン代は回収できたでしょうか。
画像は無いのですが、バニラアイスに深紫色のハスカップジャムをかけて頂きました。

バニラアイスの甘味とハスカップの酸味が合体し、驚くほどの美味でした。

北海道最高! ハスカップ最高!


スポンサーサイト
プロフィール

kaz-hokkaidou

Author:kaz-hokkaidou
私のブログへようこそ!
管理人のKazと申します。

サラリーマン生活を送りながら、北海道の自然や食を満喫しています。春は山菜、夏は潮干狩りそして秋にはヤマブドウ狩りに出かけます。暑さ対策や果樹・野菜作りも紹介しますね。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR