2017年プチ自給自足生活の始まり(家庭果樹・菜園編)

2017年5月の連休が始まりました。今年はカミさんも私も暦通りの5連休となりました。

今年の5連休は6日(土)を除き、天候に恵まれました。5連休皆さんはいかがお過ごしでしたか?
私達夫婦は、近所のスーパーに買い物に行く以外は庭の果樹栽培や菜園作りに勤しみました。

私は自給自足に興味があります。もちろん完全自給なんて困難なことは望んでいません。自分のできる範囲で、果樹や野菜を育て食費の節約にする程度です。

完全自給自足と言えば、Youtubeで結構有名なカメ五郎さんが思い浮かびます。
彼はナイフやテント程度を持って単身で自然に分け入り、山菜やカエルや果てはバッタまで食べてしまいます。
調味料は持参した塩のみです。彼はそれらの食材を使い、様々なスープを作り楽しんでいます。
これを聞くとたぶん女性達は引くと思いますが、海外から食糧が輸入できなくなったら、生きていくためには、私も同じことをすると思います。
私が住んでいる地域は、自然に恵まれ、山に入れば、行者ニンニクやウドやタケノコ等の山菜が豊富に採れます。
車で1時間半も飛ばせば、ホッキ貝やウニも採れますし、結構天然の食材は得られます。

そうそう、前置きが長くなりました。カミさんにアンタのブログは文書が多すぎると注意が入るのでこの辺で止めておきます。
これから本文です。

まず、我が家のふじりんごの木をご紹介します。前庭の花壇に植えています。樹齢は7年くらいで、ここ数年は50個程度の実を安定してつけてくれます。半分は娘や親戚にお裾分けをします。

image20170507-01.jpg

ふじりんごの隣には、桃の木(大久保)を植えています。まだ樹齢は3年くらいなので収穫はできていません。娘もカミさんも桃は好物なので収穫できる日を楽しみにしています。

image20170507-21.jpg

次は裏庭になります。まず、梨の木をご紹介します。品種は豊水です。樹齢は小振りですが4年になります。昨年は小さな実を五つも付けてくれました。味は美味しかったですよ。今年も実を付けてくれるでしょうか。
梨栽培で気を付けているのは水やりと害虫駆除です。シーズンに何度か市販の農薬を散布します。
害虫を見つけたら、葉から取って駆除します。これをやらないと葉が喰い尽くされてしまいます。
後は実に袋かけをすることです。

image20170507-03.jpg

豊水の隣には、ラフランスを植えています。樹齢は6年になります。実は私、ラフランスが大好物です。果樹の中で唯一、自分が大好きで植えた木です。豊水は交配用に植えたものです。梨は異品種とペアで植えなければ実を付けることはありません。
昨年は小さな実を5個も付けてくれました。二週間ほど冷蔵庫に寝かせて熟してからいただきました。
普通に美味しかったです。

image20170507-04.jpg

梨の横は、ラズベリー畑です。毎年多くの実を付けカミさんがジャムを作ってくれます。
ラズベリージャムとバニラアイスの相性は最高です。甘酸っぱい味が好きですね。

これはほとんど手がかかりません。害虫にも強いし、楽な果樹です。適当に水やりさえ行っていればいいのです。
気を付けなくてはいけないのは、繁殖力が強すぎることです。放っておけば庭を占領しかねません。

image20170507-06.jpg

梨の横には、樹齢7年のアメリカンチェリーを植えています。去年から多くの実を付けてくれるようになりました。
私は数粒しか食べていません。ほとんど娘の家に持って行きました。
今は室蘭に住んでいるので、収穫の時期が合えば、持っていきたいと考えています。

image20170507-07.jpg

アメリカンチェリーの横には、樹齢16年以上のキャンベルアーリーを植えています。今年は、息子が使わなくなったパイプベッドをぶどう棚にしてみました。昨年までは家の日よけを兼ねた竹製のぶどう棚でしたが、結構場所を取り裏庭を移動する際の支障となっていたのですが、今年はすっきりとまとまり、道線も確保でき大満足です。パイプベッドにはガムテープを張り付けています。
これはねじ穴に雨水が浸透するのを防ぐための一時しのぎです。今度、屋外用の金属穴埋めパテを購入し、ねじ穴をすべて塞ぐ予定です。

image20170507-08.jpg

ぶどうの近くにある落葉樹(名称不明)の根元にコクワの木を車庫裏から移植しました。
車庫裏に植えていたときは、巻きつく竹棒も細く、日照条件も悪いので、移植することを決意しました。
あまり根が大きく張っていなかったので、比較的簡単に移植できました。
コクワは成長したら大量の実を付けてくれます。雌雄一対が必要なのですが、近所に別の木があると思われ、ここ数年少しで
すが実を付けてくれます。きれいな花を付けるのですよ。成長が楽しみです。

image20170507-11.jpg

家の東側の庭には、樹齢16年以上のサクランボの木佐藤錦を植えています。この木のお蔭でさくらんぼを購入する必要がありません。6月下旬から7月中旬にかけて多くの実を付けてくれます。娘や親戚にお裾分けをしても飽きるほどに食べることができます。サクランボに至っては自給率120%というところです。
栽培で気を付けることと言えば、収穫期に雨除けにビニールシートを張るぐらいです。肥料は年に2回程度で十分です。
それ以外はほとんど手がかかりません。

image20170507-18.jpg

サクランボの木の横には、カシスの木を植えています。物凄く成長しています。多くの実を付けていますし、今年は大豊作の予感がします。カシスの実はジャムにしますが、大量に取れたらジュースにして孫に飲ませてみたいです。

image20170507-14.jpg

カシスの隣には、ハスカップを植えています。ハスカップも増えましたね。ハスカップはカシス同様生食には、酸味が強く適しませんがジャムにすることで最高に美味しくなります。実は私、ハスカップジャムがジャムの中では最高に好きです。薄紫の色もきれいですしね。
ハスカップ栽培は、害虫もいなく水やりさえやっていればよく大変楽です。お勧めですね。

image20170507-15.jpg

ハスカップと佐藤錦の近くには、サクランボの高砂の鉢植えを置いています。佐藤錦との交配用です。
アメリカンチェリーもあるので必須ではないのですが、佐藤錦が老齢になり枯れてしまった際のバックアップと考えています。
ていうか、どんだけ長生きしたいんじゃい!

image20170507-16.jpg

果樹の次は、野菜栽培です。今年から保温のためにビニールシートで畑を覆うことにしました。
この小さな畑には、カミさんがバジルの苗とオクラの種を植えました。

image20170507-09.jpg

今年もピーマンを5株植えています。何故かピーマンはよく育ってくれます。風除けと保温のためにビニールで覆っています。
ピーマンの他には、ミニトマトや大玉トマトそれにキュウリ等も植えています。収穫が楽しみです。
例年ですと、収穫の時期には購入する野菜が減ります。プチ自給自足の実現です。新鮮ですし、美味しいですよ。

image20170507-10.jpg

これも今年初めてなのですが、青梗菜やホウレンソウ等の葉野菜用にビニールシートでドームを作りました。
ここは北国なので、気温を上げることで葉野菜の成長が期待されます。
大豊作の予感がします。

image20170507-12.jpg

小葱は多年草で毎年、重宝しています。薬味に欠かせません。朝夕、小葱採取がカミさんの日課です。

image20170507-13.jpg

今年は市内のジョイフルエーケーでシイタケのほだ木を購入しました。
シイタケ栽培は何年か前に一度チャレンジしたのですが、菌が成長せず、断念していました。
その時、真冬にシイタケが2ケ程度唐突な感じで生えました。結構大きく味もジューシで食べ応えがありました。
今年は再チャレンジです。菌を発芽させるために冷水に24時間付けることにしました。
成功すればシイタケ三昧を楽しめるでしょう。取らぬ狸はいけませんね。

image20170507-17.jpg

玄関フードには、プランターを三つ金属棚に収納しています。ここは午前中日当たりがよく気温も上がるので葉野菜栽培には最適です。今年は既に間引きしたチンゲンサイでサラダをカミさんに作ってもらいました。

image20170507-05.jpg



北海道最高!!!
スポンサーサイト

2017年4月行者にんにくを採りに行きました

2017年4月29日(土)天気は晴れ、気温10度くらい。前日の天気予報では曇り時々雨だったので、得した気分です。
今日は今年初めての山菜採りに出かけます。
朝6時に起床。朝食は朝からインスタントラーメンと冷凍焼きオニギリ。インスタントラーメンは時々無性に食べたくなります。
会社の同僚と7時に待ち合わせをしていたのですが、愛犬が粗相をしてしまい、その処理に時間を要し、5分遅刻してしまいました。
待ち合わせ場所で同僚を車に乗せて厚田方面にいざ出陣です。行者にんにくの採取場所には30分ほどで到着しました。
林道のゲートは開いていましたので現地まで車で行くことができました。熊対策のナイフや鉈を携帯し、長靴に履き替えていざ出陣です。しかし、2年ぶりの山菜採りだったので、虫除け用のネット帽子を忘れてしまいました。時間が8時前と早かったのでブヨ等の虫に悩まされることは無かったです。
藪こぎをして採取場所に向かいます。
天気も良く気温も適温でビトンチッドも満載です。景色もいいですね。最高の気分です。

image-20170429-01.jpg

採取場所に着き、行者にんにく採りを開始しました。足跡など人が入った形跡があり、これはあまり採れない予感がしたのですが、実際には天然の行者にんにく畑は健在でした。
採っても採ってもいくらでもあるのです。場所は傾斜があるのですが、上り下りしながら笹竹や山ぶどうの蔦にに掴まり、採取していきます。結構、きつい作業ですが、沢山採れるので気分は最高です。思わず独り言が出てしまいます。行者にんにく大好きなカミさんの顔が浮かびます。
1時間程度で十分採れたので同僚に声をかけ、撤収することにしました。

image20170507-19.jpg

image20170507-20.jpg


同僚を待ち合わせ場所まで送り、家には11時前に着きました。
シャワーを浴び、カミさんと一緒に行者にんにく処理を始めます。

image-20170429-10.jpg

茎の赤い皮を爪で剥いでいきます。それからさっと水洗いです。カミさんから優しく洗うように注意が入ります。
大鍋にひとつの収穫になりました。結構多いです。かなり楽しめそうです。

image-20170429-11.jpg

カミさんは、洗い終えた行者ニンニクの葉を刻み始めました。醤油漬けを作っているのです。カミさんの好物で刺身を食べる際に使っています。作り方はいたってシンプルです。刻んだ行者にんにくを保存ビンに詰め醤油を入れるだけです。

image-20170429-12.jpg

image-20170429-13.jpg

醤油漬けの他には、茎の太い物を天ぷらの具材にします。美味しいですよ。

image-20170429-14.jpg

これが本日の収穫です。袋に入れた分は、行者にんにく餃子用です。醤油漬けは2本作ることができました。
後は、天ぷら用とジンギスカン用です。満足な気分です。

image-20170429-15.jpg

image-20170429-16.jpg

夕食は、行者にんにくいっぱいのジンギスカンです。

image-20170429-20.jpg

まず、味付けジンギスカンを焼き、少ししてから玉ねぎ、ピーマン等の野菜を入れ、最後に沢山の行者にんにくを入れます。
食べる際には山ワサビを付けて頂きます。
至福のひと時です。やはり行者にんにくは、ジンギスカンに合いますね。ビールに合うのですよ。

image-20170429-21.jpg

翌日の4月30日(日)には、行者にんにくの茎部分を天ぷらにして食べました。
天ぷらもいい感じです。というかかなり美味です。

image-20170430-01.jpg

行者にんにくの天ぷらだけでは寂しいので、山菜とは関係ないのですが、ホッケのちゃんちゃん焼きもアップしました。
お隣さんから新鮮な生ホッケを頂きまして具材としています。ちゃんちゃん焼きと言えば、鮭が定番なのですが私はホッケの方が好物です。大量の野菜と開いた生ホッケを味噌したてにしてホットプレートで炒めます。
なまら美味しいですよ。ビールとの相性も抜群です。

image-20170430-02.jpg

翌日の5月1日(月)には、行者にんにく入り餃子を頂きました。
大量の行者ニンニクとネギを刻み、豚ひき肉と合わせます。後は皮で包むだけです。これもなまら美味いです。
熱々の餃子にたれを付け齧り付きます。行者にんにくの香りが口内に広がり最高に美味です。
冷えたビールに熱々の行者にんにく餃子。気分は最高です。

image-20170501-01.jpg

カミさん手料理最高!北海道最高!!

2016年果樹栽培、りんご編

我が家の前庭には樹齢6年になるふじりんごを植えています。5月下旬にはたくさんの白い花を付けます。

image-2016-apple01.jpg

実がゴルフボールぐらいになったら、間引きをしてから防虫のために袋かけをします。りんごの実は虫にとっても美味しいのか、放っておくとほとんど虫が付き、果汁を吸い尽くされ黒く変色し食用には適さなくなります。
以下の写真は9月頃に撮影しましたが、暫くの間は袋かけをした状態にします。
農薬もトータル3回噴霧します。無農薬りんご等夢のまた夢です。屋内栽培なら可能でしょうけど。

image-2016-apple02.jpg

10月になったら袋を外します。太陽光を浴びせ、赤くします。この季節になると病害虫の心配はないのですが、早速カラスが狙ってきます。りんごの樹にも防鳥網は必須です。今年は百個くらい収穫することができました。ご近所さんや親戚や娘におすそ分けをします。

image-2016-apple03.jpg

収穫したりんごを使ってカミさんが、りんごケーキを作ってくれました。これは少しりんごの酸味が効いて最高に美味しいです。
つい食べ過ぎて体重が増えてしまいます。ワイン煮も美味しいですよ。

image-2016-apple04.jpg

北海道最高!
カミさんの作るお菓子は最高!!

2016年果樹栽培、ぶどう編

2016年ぶどう栽培。家の裏庭には以前、隣の人が引っ越しの際に譲り受けたキャンベルアーリー種の黒ぶどうを栽培しています。
樹齢は15年以上だと思います。
ここ数年は毎年たわわに実を付けてくれます。

春先、ぶどうの樹はこんな感じです。一応、厳冬期に剪定もしています。
ぶどう栽培の時に気を付けなければならないのは、冬季以外に枝を傷つけないことです。
傷が付くとそこから樹液が出て止まりません。一度夏場に枝を折ってしまった際は、癒合剤を塗るのですが、それでも流れ出る樹液を止めることができませんでした。その時は折れた断面をビニール袋で包み輪ゴムで止め何とか止めることができました。

image-2016-grape01.jpg

ぶどう棚はすべて手作りです。竹と鉄製の杭とビニール被膜の鉄線で作ります。杭はご近所さんから頂いたので、購入品は竹と鉄線ぐらいでトータル千円もかかっておりません。以下は7月ぐらいの様子ですが、ぶどう棚は居間の窓を覆いつくすように作っています。これで結構日陰になり、涼しいのですよ。天然の簾ということです。
防虫用の市販農薬は、シーズンで2回程度しか使用しません。それでほとんど防げます。
肥料もシーズン2回程度与えています。

image-2016-grape02.jpg

9月には、沢山の実を付けてくれます。この頃になると庭仕事の際には、ぶどうのつまみ食いをしています。最高に美味しいですよ。そうそうぶどうの実は犬には毒だそうです。それを知らないで以前は愛犬に食べさせていました。少量だったので害にはならなかったようです。
それとこの時期になるとカラスが実を狙ってきます。鳥除けネットは必需品になります。

image-2016-grape03.jpg

これが今年の収穫です。10キログラム以上あるでしょうか。大人のジュースでも作りましょうか。

image-2016-grape04.jpg

北海道最高!!

2016年果樹栽培、サクランボ編

2016年、サクランボ栽培。サクランボは6月ぐらいから収穫が可能になります。

我が家の狭い裏庭には、佐藤錦とアメリカンチェリーの2本を植えています。佐藤錦は樹齢15年くらいになります。アメリカンチェリーは5年くらいでしょうか。

アメリカンチェリーの方が先に花を付けます。ここでは6月の始めくらいです。今年は結構花を付けました。収穫の予感がします。

image-chery2016-01.jpg

今年はかなり実がつきました。案の定、カラスがやって来て実を盗んでいきます。
カラスのためにアメリカンチェリーを育てている訳ではないので、ホーマックで買ってきた幅2.5メートル、長さ4メートルのビニールで防御します。ビニールシートは鳥除けと雨による裂果防止用です。サクランボは雨が当たるとすぐに裂果し、アリなどの昆虫が入ってしまいます。
アメリカンチェリーはまだ、小さいので全体を覆うことが可能です。これでカラスやその他の野鳥から守ることができました。かかった費用はビニール購入費や竹の費用で総計3千円くらいです。ビニール代がほとんどですが、3年以上は使えます。

image-chery2016-02jpg.jpg

ビニールで防御したお蔭で収穫ができました。実は私はほとんど食べていません。ほとんど、苫小牧に住む娘に持って行きました。今年は、娘だけでなく念願の孫が食べてくれます。感無量です。そうそう味は美味しかったと娘が言っていました。

image-chery2016-03jpg.jpg

アメリカンチェリーの収穫が終わるころ、佐藤錦の収穫が始まります。こちらは樹高三メートル、樹幅4メートルくらいになるので、
鳥除けのために幅3メートル、長さ5メートルのビニールで全体を覆います。

image-chery2016-04jpg.jpg

枝の先端でビニールが破れるのを防ぐために、長さ2メートルの竹を2本繋ぎ3メートルに延長し、佐藤錦の幹に縛り付け、先端に雑巾を縛り付け、その上からビニールを被せ、ビニールの四方を丸め、紐で縛り付けさらに紐を延長し地面に杭で固定します。
特別な仕掛けは一切不要です。これで結構雨風に負けません。
ビニールが風で揺らめくのにカラス達は恐怖を覚えるのか近付こうとしなくなります。

image-chery2016-04-01jpg.jpg

image-chery2016-04-02jpg.jpg

image-chery2016-04-03jpg.jpg

ビニール防御の完成形です。これらはひとりで可能です。サクランボにビニールをかけるのは少しコツがいります。長さ2メートル位の竹の棒で下からビニールを押して木全体にかけていきます。これが結構大変なのです。片側を紐で縛り付けた後に行うのが秘訣です。

image-chery2016-05jpg.jpg

image-chery2016-06jpg.jpg

ビニールをかけたおかげで野鳥に食べられることもなく、雨で裂果することもありません。ビニールかけを行う前は、天候が非常に気になりましたが、今は平気です。

image-chery2016-07jpg.jpg

今年も結構収穫できました。苫小牧の娘には買い物用のビニール袋に一杯持って行けたし、近所にもおすそ分けができました。
近所に小さい子供がいるのですが、優先的にあげています。

image-chery2016-08jpg.jpg

私が住んでいる場所は、サクランボの生育に適しているようです。今年も自宅でサクランボ狩りを楽しむことができました。

来年は孫にサクランボ狩りをやらせます。考えただけでニヤケテきます。

北海道最高!






プロフィール

kaz-hokkaidou

Author:kaz-hokkaidou
私のブログへようこそ!
管理人のKazと申します。

サラリーマン生活を送りながら、北海道の自然や食を満喫しています。春は山菜、夏は潮干狩りそして秋にはヤマブドウ狩りに出かけます。暑さ対策や果樹・野菜作りも紹介しますね。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR